NOTE

情報メディア論

----------- * -----------

Home Brew ALTO at PARC
講義で使用されるプレゼンテーション画面の例

昨年の講義で使用した資料のタイトルページ

●講義の方針・目標

情報メディアの中核を成す、コンピュータ技術の発展を概観しつつ、そうした技術発展に伴って現れた社会現象や思想の歴史的変遷をたどる。現在の情報メディアをとりまく社会現象や思想を理解することを目的とする。

●試験・成績評価

試験は行わず、レポートで成績を評価する。 適宜課題を出題する。

●テキスト・参考書

参考書として以下のものを掲げる。また、各種コンピュータ関連雑誌・書籍およびインターネットに公開されている業界動向について継続的に情報収集することが望ましい。

Steven Levy,「ハッカーズ」

Katie Hafner and Matthew Lyon,「インターネットの起源」

富田 倫生,「パソコン創世記」

●受講上の注意事項

期末にレポート提出を義務づけるが、そのときにはWebを利用した方法しか受け付けない。それゆえ、期末までにE-mailおよびWebの操作を習得しなければ単位を取ることは不可能である。

●授業計画

コンピュータ技術の発展史をまとめたプレゼンテーションを使いながら、その当時のエピソードを紹介し、それが現在のどういった態度を導いたのかを考察する。講義計画は以下のとおり。

  • コンピュータのロマン時代
    --- 貴族の娘と発明狂: コンピュータが生まれる前史には、 「知性を機械に置き換える」という情熱が常に動力として存在していた。

  • 世界大戦時代の計算戦争
    --- 戦争を計算した機械たち: 私たちが抱いているコンピュータに対する否定的イメージの源泉を探る。

  • 古き良き時代のハッカーたち
    --- 本物のハッカーの黄金時代: コンピュータ黎明期に青春と人生をコンピュータに捧げ尽くしたマニアたちの 理想について考える。

  • ガレージででっち上げろ!
    --- パーソナル・コンピュータの誕生: パーソナル・コンピュータがなぜこの世に現れたのか、 その時代精神と意味について考える。

  • ちょっとした思い付きの新商売
    --- 会社やろうぜ!: パーソナル・コンピュータがビジネス化していく過程の なかで、様々なビジネスモデルが模索された。その消長 をみながら、現在もなお残る、フロンティア精神について 考える。

  • いまだ実現されない昔の夢
    --- 時代の先覚者たち: 私たちが使っているコンピュータの形態はすでに20年以上前に完成していた 現代につづく彼らの強烈なビジョンの源泉を探る。

  • UNIX文化、UNIXとの生活
    --- UNIXという文化: 現在のネットワーク文化の軸となってきたUNIX。 その誕生の背景と、このOSに青春を費やしてきた 若者たちの目指したものについて考える。

  • Think GNU!
    --- フリーソフトウェアと最後の真正ハッカーの理想: なんとなく使っているフリーOSやフリーソフト、その背後に存在する哲学と 理想について考える。

  • Open Sources
    --- 世界同時ソフトウェア開発革命: 現在のビジネス・シーンを揺るがしているLinuxに代表されるオープンソース。 この活動が及ぼしつつある大きな変革について考える。

  • Creative Commons
    --- 言論表現の新しい自由: コンピュータで交換される情報は、もはや文書やプログラムに 限定されていない。音声や動画といったあらゆる表現に対して、 コンピュータやネットワークはどのような影響を与えるのだろうか。

----------- * -----------

to Hideaki's Home to Shirata's Class