NOTE

連絡事項


--------- * ---------

レポート締め切りました [Wed Jul 18 10:16:14 2007]

こんにちは。レポート提出おつかれさまでした。今年は210通ほどのレポートが提出されました。

なお、一切の例外なく規定どおりの成績処理を行いますので、私のところへ「なんとかしてくれ」などと連絡してこないようにしてください。そういうことをした学生については、氏名あるいは学籍番号が判明次第「落第」としますので気をつけてくださいね。

--------- * ---------

2007年度 法と社会 レポート課題 [Tue Jun 26 13:37:29 2007] 参考ページ

科目名 法と社会
担当者 白田 秀彰

提出日時および場所
インターネット・エクスプローラー等のブラウザを用いて
../cgi/gensya.htm
にてアクセスできるページの指示に従い、2007年7月18日(水曜日)午前8:00 より前に送信すること。提出時間は自動的に記録される。〆切を一秒でも過ぎたものは未提出扱い(E評価)とする。

論題
前期講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。ただし、「十二表法」「ローマ法大全」「夫婦別姓」を主とするテーマは選択してはならない。このとき、少なくとも三種類以上の参考文献を用いること。
参考文献は、事典類であってもよい。参照した参考文献を明示し、引用の場合は引用元を明示すること。文献の引用規則に倣い、必要最小限に留めること。引用元を明示しない引用は著作権法に違反する「剽窃」であるので「不可(D評価)」とする。インターネット上の文章の引用(コピー)は禁ずる。発覚した場合は直ちに「不可」とする。

引用元の明示 例: 白田秀彰 『コピーライトの史的展開』(信山社 1997年) p. 123.

採点基準:
どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。(1) 禁止されたテーマを選択した場合 (2)使用した参考文献名を示さないレポートは「不可」とする。

様式:
字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。

注意事項:
1. レポートに対しては「類似レポート抽出プログラム」を適用して、他人の内容を写したと思われるレポートを発見する。酷似内容のレポートが複数存在する場合、もっとも早い日時に提出したもののみを評価の対象とする。

2. 自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

3. 就職活動、部活動、サークル活動等、講義に関係のない事項について言及し、成績評価に対して影響を与えようとする意図が見られる記述がある場合、レポートは「不可」とする。

--------- * ---------

レポートについて [Sun Jul 16 09:41:37 2006]

提出ごくろうさま。

提出者の半分は前日以前に提出しているわけですが、残り半分は、当日の深夜から早朝にかけて提出しています。3週間も提出期間がありながら、間際にならないと課題に取り組めないというのは、問題であると毎年思います。間際にならないと仕事ができないようでは、社会に出たときに必ず失敗すると覚悟しておいてください。

今年も締め切りに間に合わなかった受講生が数人います。課題発表時に連絡してあるとおり、一切の例外なく、8:00以降の時間が記載されているレポートは提出扱いとしませんので、そのつもりでいてください。

--------- * ---------

法と社会レポート課題 2006年夏 [Fri Jun 30 08:42:43 2006] 参考ページ

[提出日時および場所]
インターネット・エクスプローラー等のブラウザを用いて
../cgi/gensya.htm
にてアクセスできるページの指示に従い、2006年7月16日(日曜日)午前8:00 以前に送信すること。提出時間は自動的に記録される。〆切を一秒でも過ぎたものは未提出扱い(E評価)とする。

[論題]
前期講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。ただし、「十二表法」「夫婦別姓」に関するテーマは選択してはならない。このとき、少なくとも三種類以上の参考文献を用いること。
参考文献は、事典類であってもよい。参照した参考文献を明示し、引用の場合は引用元を明示すること。文献の引用規則に倣い、必要最小限に留めること。引用元を明示しない引用は著作権法に違反する「剽窃」であるので「不可(D評価)」とする。インターネット上の文章の引用は禁ずる。発覚した場合は直ちに「不可」とする。

[明示の例]
白田秀彰 『コピーライトの史的展開』(信山社 1997年) p. 123.

[採点基準]
どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。(1) 禁止されたテーマを選択した場合 (2)使用した参考文献名を示さないレポートは「不可」とする。

[様式]
字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。

[注意事項]

1. レポートに対しては「類似レポート抽出プログラム」を適用して、他人の内容を写したと思われるレポートを発見する。酷似内容のレポートが複数存在する場合、もっとも早い日時に提出したもののみを評価の対象とする。

2. 自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

3. 就職活動、部活動、サークル活動等、講義に関係のない事項について言及し、成績評価に対して影響を与えようとする意図が見られる記述がある場合、レポートは「不可」とする。

--------- * ---------

2005年度前期レポート課題 [Tue Jun 28 16:09:11 2005] 参考ページ

科目名 現代社会と法律学 (1)
担当者 白田 秀彰

提出日時および場所
インターネット・エクスプローラー等のブラウザを用いて../cgi/gensya.htm
にてアクセスできるページの指示に従い、2005年7月17日(日曜日)午前8:00 以前に送信すること。提出時間は自動的に記録される。〆切を一秒でも過ぎたものは採点しない。

論題
前期講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。ただし、「十二表法」「日本国憲法九条」に関するテーマは選択してはならない。このとき、少なくとも三種類以上の参考文献を用いること。
参考文献は、事典類であってもよい。参照した参考文献を明示し、引用の場合は引用元を明示すること。また、インターネット上の文献を参考にする場合は、文献の引用規則に倣い、必要最小限に留め、かつ引用元のURLを明示すること。引用元を明示しない引用は著作権法に違反する「剽窃」であるので「不可(D評価)」とする。

明示の例
白田秀彰 『コピーライトの史的展開』(信山社 1997年) p. 123.
白田秀彰 『もう一つの著作権のはなし』../another.htm.

採点基準
どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。(1) 禁止されたテーマを選択した場合 (2)使用した参考文献名や参照元のURLを示さないレポートは「不可」とする。

様式
字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。

注意事項
レポートに対しては「類似レポート抽出プログラム」を適用して、他人の内容を写したと思われるレポートを発見する。酷似内容のレポートが複数存在する場合、もっとも早い日時に提出したもののみを評価の対象とする。
自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

--------- * ---------

レポート提出締め切りました [Sat Jan 24 09:50:03 2004]

提出した人ご苦労さまでした。早い人はレポート課題発表の翌日くらいに提出。過半数は23-24日の夜から朝に提出。あいかわらずギリギリにならないと提出できない人がほとんどですね。

で、数人が締め切り時刻を過ぎています。理由の如何にかかわらず提出となりません。E判定となります。

あと、03E1226の学籍番号の人。shirata1992@mercury.ne.jp 宛に至急連絡ください。文字がバケてて読めないので、このままではD or E判定になります。

--------- * ---------

2003年度後期 現代社会と法律学 レポート課題 [Wed Nov 26 13:56:46 2003] 参考ページ

提出日時および場所
インターネット・エクスプローラーあるいはNetscape等のブラウザを用いて ../cgi/gensya.htm にてアクセスできるページの指示に従い2004年1月24日(日曜日)朝8時以前に送信すること。提出時間は自動的に記録される。〆切を過ぎたものは採点しない。

論題
後期講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。ただし、「夫婦別姓」「少年犯罪」に関するテーマは選択してはならない。このとき、少なくとも三つ以上の参考文献を用いること。参考文献名を明記すること。参考文献は、事典類であってもよい。

採点基準:
どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。使用した参考文献名を示さないレポートは大幅な減点とする。

様式:
字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。紙による提出は受け付けない。

注意事項:
レポートに対しては「類似レポート抽出プログラム」を適用して、他人の内容を写したと思われるレポートを発見する。酷似内容のレポートが複数存在する場合、もっとも早い日時に提出したもののみを評価の対象とする。

自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

--------- * ---------

台風はそれたようです。 [Mon Sep 22 05:40:36 2003]

現在朝の5:30頃ですが、台風はそれたようです。というわけで9:30に多摩キャンで会いましょう。台風の通過に伴い、冷たい空気が入ってきてます。一気に冷たい秋がやってきたようですね。

--------- * ---------

明日 台風直撃の予感 [Sun Sep 21 17:23:44 2003]

明日22日月曜日一限が後期の最初の講義になる予定なのですが、ご存知の通り、台風がこの時間帯に関東にもっとも接近しそうです。(なんてこった)

先生である私がいなければみなさんに申し訳ないので、大学が休校とならない限り、根性で出かけていき、講義開始時間には教壇に立つつもりです。が、大学が台風を理由に休校する条件というものを、私は知らないのです。

交通機関の途絶などが条件として挙がっていたと思いますが、そのあたりについて詳しい人は、h_shirata@nifty.com 宛で教えてください。きらーくにメールしてください。まってます。

また、明日朝の段階での休校あるいは休講に関しましては、やむを得ずこの掲示板を用いますので、明日朝もう一度ここを参照するように講義を取っている友人などに連絡しておいてください。

--------- * ---------

採点ほぼ完了 [Sat Jul 26 22:15:00 2003]

ようやく採点がおおよそ終わりました。おおよそ350通のレポート全てに*ちゃんと*目を通しました。よく頑張ったなぁ、と思うレポートもたくさんあったのですが、やはりありました。「なめとんのか」と思えるようなレポート。

月曜一限で出席を採っていないので、とりあえず履修登録だけしておいて、全部欠席。いい加減なレポートでもいちかばか提出してしまって、単位が取れればラッキー♪というような人が大量にいたのでしょう。法律関係の講義で単位を出す以前に、人としてのものの考え方自体を問い直したくなりますな。さすがに。

そこで今回は、大量のレポートにもメゲず、厳しめに採点しました。で約70通のレポートが落ちることになりました。とくに、インターネットの文章をそのままコピーしたことが判明したものについては、直ちに「不可」評価を付けていますし、誰がそういう事をしたのかはちゃんと記録されています。後期の評価において、まず真っ先にチェックが入ることは覚悟しておいてください。

まず、類似レポート抽出プログラムの結果。

*** Resembling Documents over allowance ***
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt **E****.txt
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt **E****.txt
-- Group *--
**E****.txt **E****.txt
-- Group **--
**E****.txt **E****.txt
-- Group **--
**E****.txt **E****.txt
-- Group **--
**E****.txt **E****.txt
-- Group **--
**E****.txt **E****.txt
-- Group **--
**E****.txt **E****.txt
-- Group **--
**E****.txt **E****.txt **E****.txt
-- Group **--
**E****.txt **E****.txt
-- Group **--
**E****.txt **E****.txt

参考文献からそのままコピーしたようなレポートは、このプログラムでただちに発見できます。こういうレポートで発覚したものについては、最高でも「可」評価しかついていません。大抵の場合は「不可」評価としました。単なる書き写しなら、タイピングの練習にしかなりません。

さて、次に、インターネットからのコピーで良くそのままコピーされていたWebページのリスト。これらのページは優良ページです。だから、コピー元として使われているわけです。レポート中に、参考にしたことを正直に参考文献に掲げていれば、参照を理由として「不可」評価にはしませんでした。しかし、黙ってそのままコピーしていたら、剽窃ですからアウトとしました。たんなるコピーで済ませようとする人たちは、文献からコピーした人よりも楽をしてるだけ質が悪いので、直ちに「不可」評価としてあります。

http://harryhp.hp.infoseek.co.jp/seisen.html
http://homepage3.nifty.com/countryroad/roma2.htm
http://uno.law.seikei.ac.jp/~annen/con01.html
http://www.dntba.web.sh.cwidc.net/data/honbun-4.html
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1503/kokuminsyuken.html
http://www.intl.hiroshima-cu.ac.jp/~spartan/law.htm
http://www.kamata-h.metro.tokyo.jp/sakuhin/german.htm
http://www.kclc.or.jp/humboldt/tokotanj.htm
http://www.ndl.go.jp/constitution/gaisetsu/01gaisetsu.html
http://www.rieti.go.jp/users/economics-review/012.html
http://www.takaoka.ac.jp/zatsugaku/index.htm
http://www.tamano.or.jp/usr/osaka/pages/r-data/law.htm
http://www.waseda.ac.jp/themecollege/medit/thought/horii.html
http://www2.plala.or.jp/dogcat/sti.htm
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog242.html
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hmminami/note-byoudou.htm
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hmminami/note-kenpou.htm
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaisunao/joyaku.htm

私は教員やって5年、コンピュータ使って12年になります。甘く見ないようにね。

--------- * ---------

レポート提出お疲れ様でした [Sun Jul 20 08:18:51 2003]

今しがたレポートの提出を締め切りました。提出レポート数が400通近い数で、こんなに受講生がいたとは、初めて知りました。今年は出席率がいいなぁ、と思っていたのですが、単に受講生の分母が大きかっただけなんですね。
実態としては例年並というところですか。

いま、確認したところ、気の毒ですが〆切に間に合わなかった人が一人。8:00を過ぎていると提出として認めません。何度も注意したことですから変更しません。

あと、間違えて「情報マスコミ関係法」のレポート提出に提出している人たちが6人。この人たちが間違いに気が付いて「現代社会と法律学」の方に提出していてくれていることを願うばかりです。もちろん、時間までに指定した場所にレポートが出ていない以上、提出して認めません。これも講義中に何度も注意したことですから変更しません。

それ以外の人たちは、これで夏休みということですね。楽しく有意義な夏を過ごしてください。 私はこれから地獄のような採点作業が始まることになります。

--------- * ---------

前期レポート課題 [Mon Jun 23 18:00:56 2003] 参考ページ

科目名 現代社会と法律学(1) 担当者 白田 秀彰

提出日時および場所:
インターネット・エクスプローラーあるいはNetscape等のブラウザを用いて ../cgi/gensya.htm
にてアクセスできるページの指示に従い2003年7月20日(日曜日)朝8時以前に送信すること。提出時間は自動的に記録される。〆切を過ぎたものは採点しない。

論題:
前期講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。ただし、「十二表法」「日本国憲法九条」に関するテーマは選択してはならない。このとき、少なくとも三つ以上の参考文献を用いること。参考文献名を明記すること。参考文献は、事典類であってもよい。

採点基準:
どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。使用した参考文献名を示さないレポートは大幅な減点とする。

様式:
字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。紙による提出は受け付けない。

注意事項:
レポートに対しては「類似レポート抽出プログラム」を適用して、他人の内容を写したと思われるレポートを発見する。酷似内容のレポートが複数存在する場合、もっとも早い日時に提出したもののみを評価の対象とする。

自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

--------- * ---------

2003年6月2日 休講 [Sun Jun 1 20:19:23 2003]

性質の悪い風邪をひいてしまいました。現時点では登校できそうにないので、明日の現代社会と法律学を休講とさせてください。事前に事務に連絡することができなかったので、この掲示を見た人は、他の知り合いの受講生にも連絡してあげてください。よろしく。

--------- * ---------

追加禁止事項 [Wed Jan 29 20:25:29 2003]

レポートに「XX部です。一生懸命書きました」とか「就活で忙しく...」云々を書く学生がいるが、こういった記述は、成績評価を左右しようという下心から出ているものと判断する。

今回までは、これを直接の減点対象としないが、来年度から、

「就職活動、サークル活動、部活動等についてレポートに記述した場合、採点を行わず不可とする」

というルールを追加します。

--------- * ---------

剽窃について [Mon Jan 27 16:11:04 2003]

あれほど警告しておいたにもかかわらず、Webページからそのままコピーしてレポートとしているものをいくつか発見している。無条件に「不可」となるのは当然だ。何年もレポートを読みつづけている教員を甘く見ないように。

--------- * ---------

レポート提出おつかれさま [Sat Jan 25 09:18:31 2003]

レポート提出を締め切りまして、一応の集計を終えました。全部で180通のレポートが提出され、そのうちの約60%が25日、締切日当日の未明から早朝にかけて提出されています。 どうしてもう少し早めに提出できないものかと思います。これほどまで間際にならないと提出できないのなら、来年からは提出〆切を早める予定です。

さて、提出されたレポートに対して類似レポート抽出プログラムをかけた結果、以下のような類似レポートが発見されました。これから、それらのレポートを手作業で比較して、剽窃であると判断されるレポートについては、先に提出したレポートのみを提出扱いとします。

なお、一応個人情報保護のため、学籍番号の具体的な数字は伏せてあります。

*** Resembling Documents over allowance ***
-- Group *--
00E00**.txt 00E0***.txt 00E****.txt 0*E*0**.txt 0*E*00*.txt 0*E***0.txt 0*E****.txt ***0***.txt
-- Group *--
00E0***.txt 0*E0***.txt
-- Group *--
00E0***.txt 0*E****.txt
-- Group *--
00E0***.txt 00E****.txt 0*E0***.txt 0*E****.txt 0*E****.txt 0*E****.txt T00E****.txt
-- Group *--
00E***0.txt 0*E**0*.txt
-- Group *--
0*E00**.txt 0*E**0*.txt 0*E**0*.txt 0*E****.txt 0*E*0**.txt 0*E****.txt
-- Group *--
0*E0***.txt 0*E****.txt
-- Group *--
0*E0***.txt 0*E**0*.txt
-- Group *--
0*E0***.txt 0*E**0*.txt 0*E****.txt 0*E****.txt
-- Group *0--
0*E****.txt 0*E****.txt
-- Group **--
0*E**0*.txt 0*E**0*.txt
-- Group **--
0*.txt 0*E****.txt
-- Group **--
0*E****.txt 0*E****.txt

--------- * ---------

テーマについて [Fri Jan 24 23:19:30 2003]

現代社会と法律学は、前記後期で別講義となっている。いま、提出されている論文をみてみると、後期で取り扱っていない事項について書かれたレポートが提出されている。これは、レポート課題に沿っていないので、本来なら未提出扱いとすべきところ、無条件で一ランク評価を下げるというペナルティに留めることにする。

〆切をあと数時間後に控えて、いまさら別テーマでレポートを書くことは困難だろうが、締切時間までならレポートを再提出することは自由なので、取り組める人は取り組んでも構わない。

C評価のレポートは、自動的にD評価となるので、その覚悟で。

--------- * ---------

形式について [Fri Jan 24 23:15:18 2003]

レポート課題で、参考文献リストをつけるように繰り返し確認したのに、また、レポート課題にもそのように書いてあるのに、相変わらず参考文献リストをつけていないレポートが提出されている。締切時間までなら、いくらでも訂正して構わないので、参考文献リストをつけるように。

仮につけていない場合、本文の評価から無条件に一ランク評価を下げる。C評価の人はDとなるのでその覚悟で。

--------- * ---------

エラーに伴う再提出 [Tue Dec 3 10:48:00 2002]

申し訳ありません。ファイルセキュリティの設定ミスで、この書き込み以前にレポートを提出した人のレポートが記録されていません。

「書き込みできません」というエラーが表示された経験のある人は、再度提出するようお願いします。現在は確実に提出できることを確認しています。

まあ、レポート課題を公開した翌日ですので、提出した人はほとんどいないと推測しています。

--------- * ---------

2002年度 後期 レポート課題 [Wed Nov 20 13:20:09 2002] 参考ページ

提出日時および場所:
インターネット・エクスプローラーあるいはNetscape等のブラウザを用いて ../cgi/gensya.htm にてアクセスできるページの指示に従い2003年1月25日(土曜日) 午前8:00以前に送信すること。提出時間は自動的に記録される。〆切を過ぎたものは採点しない。

論題:
本講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。ただし、今回のレポートにおいては、家族法分野に関連して「夫婦別姓問題」、「離婚問題」をテーマにしてはならない。少なくとも三つ以上の参考文献を用いること。参考文献名を以下の様式にて明記すること。参考文献は、事典類であってもよい。

参考文献名の様式:
著者/編者名 『書名』 出版社名 出版年.

採点基準:
どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。使用した参考文献名を示さないレポートは大幅な減点とする。

様式:
字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。紙による提出は受け付けない。

注意事項:
明らかに他人のレポートと同一と認められる場合、配点しない。したがって事典類の解説をそのまま書き写すことは避けるべきである。 また、インターネットにある文献からの剽窃が疑われるレポートについては、検索エンジンにて調査を行う。インターネットにある文献からの直接コピーが発覚した場合は「D」評価とする。

自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

--------- * ---------

内容について [Mon Jul 29 17:20:25 2002]

偏ってるなあ。ローマ法と憲法が二大グループ。憲法のうちほとんどが9条がらみ。書きやすいのはわかるけど、余りにも同じ内容がつづく。来年から、特定のテーマについては、除外しようと思う。

あと、今年になって初めての現象が見られた。

前期の講義で触れてない項目で書かれているレポートが出てるんだよね。後期で取り上げるテーマで書いたやつがいくつか見られる。これはおそらく一度も講義に出席せずに、Webのシラバスをみてテーマを選び、誰かのレポートからコピーしたんだろうと推測する。よって、無条件で評価を1ランク落としてます。したがって内容的にC評価の人は、D評価となります。

--------- * ---------

おつかれさまでした [Mon Jul 22 11:38:27 2002]

レポート執筆・提出おつかれさまでした。ただいま提出者のリスト整理、および採点準備に入っています。提出者総数200名。そのうち約半分が21日以降の提出、1/4が22日に入ってからの提出です。毎年書いてますけど、どうして もう少し早めに作業ができないのでしょう。

また、あれほど繰り返したにもかかわらず、参考文献を掲げていないレポートが多数見られます。評価は1ランク下がります。内容的にC評価である場合は、D評価となって落ちる可能性があることを覚悟しておいてください。〆切後の訂正や追加は一切認めません。

また、類似内容レポートの抽出作業も終わりました。今年は以下のようになっています。プライバシーもあるので学籍番号は伏せておきます。これから実際に私が読んで、他人のものを写したか否かを判定します。

;------------------------------------------

*** Resembling Documents over allowance ***
-- Group 1--
00E0XXX.txt 00EXX0X.txt 00EXXXX.txt 00EXXXX.txt 0XE0X0X.txt 0XE0XXX.txt 0XE0XXX.txt 0XEXXXX.txt 0XEXXX0.txt 0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt 0XEX0XX.txt 0XEX0XX.txt 0XEXXXX.txt 0XEXX0X.txt 0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt 0XEX0XX.txt 0XEXX0X.txt 0XEXXXX.txt
-- Group 2--
00E0XXX.txt 00E0XX0.txt 00EX0X0.txt
-- Group 3--
00E0XXX.txt 00EXXXX.txt 0XEXXXX.txt
-- Group 4--
00EXXXX.txt 0XE0XXX.txt 0XEXXXX.txt
-- Group 5--
0XE00XX.txt 0XEXX0X.txt
-- Group 6--
0XE0XX0.txt XXX0XXX.txt
-- Group 7--
0XE0XXX.txt 0XEXX0X.txt
-- Group 8--
0XEXX0X.txt 0XEXXXX.txt
-- Group 9--
0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt
-- Group 10--
0XEXXXX.txt 0XEXXXX.txt
-- Group 11--
0XEX00X.txt 0XEX0XX.txt
-- Group 12--
0XEXX0X.txt 0XEXXXX.txt

--------- * ---------

そそっかいしいね [Mon Jul 22 08:31:56 2002]

毎年いるんだけど「情報マスコミ関係法」のレポート提出にレポートを出す人がいる。今年は4人。ちゃんと見なよ。「現代社会と法律学」の方に提出されていない場合には、提出とはなりませんので。

あと、最後に提出した人、8:04なんだ。8時台に入ったら受け付けない、とはっきり明言しておいたので、未提出として扱わせてもらいます。ここで甘やかすと、必ず将来同じように〆切を守らないという失敗を繰り返すからね。

--------- * ---------

サーバーエラー等について [Mon Jul 22 07:12:41 2002]

何人かの学生からサーバーエラー等について連絡がきています。これはあまりにたくさんの学生がいっせいにレポートを提出しようとしているために起こっている現象です。こういうことが起こりうるので、提出期間を1ヶ月以上設定し、早めにレポートを出すように促しているのです。

何事も早めにね。

--------- * ---------

良い夏休みを! [Mon Jul 8 15:41:55 2002]

本日7/8の講義で前期の内容として予定したものをすべて終えましたので、次回の7/15の講義を休講とします。講義一回分時間ができましたので、レポートを早めに出せるようにがんばってください。

後期も本講義を履修している人は、また夏明けに。行政法に関わる部分からスタートになります。

--------- * ---------

レポート課題 [Thu Jun 20 07:18:29 2002] 参考ページ

提出日時および場所
インターネット・エクスプローラーあるいはNetscape等のブラウザを用いて ../cgi/gensya.htm
にてアクセスできるページの指示に従い2002年7月22日(月曜日)午前 8:00までに送信すること。
論題
本講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。このとき、少なくとも三つ以上の参考文献を用いること。参考文献名を明記すること。参考文献は、事典類であってもよい。

採点基準: どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。使用した参考文献名を示さないレポートは大幅な減点とする。

様式: 字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。紙による提出は受け付けない。

注意事項: 明らかに他人のレポートと同一と認められる場合、配点しない。したがって事典類の解説をそのまま書き写すことは避けるべきである。

自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

--------- * ---------

3日(月曜日)休講させてください。 [Sun Jun 2 18:37:04 2002]

土曜日から体調が悪く、結局 シンポジウムは欠席することにしたのですが、扁桃腺が腫れて唾を飲み込むのも辛い状態になっていますので、3日の「現代社会と法律学」は休講とさせてください。この掲示板の書き込みを見た人は、講義を取っている友達にも連絡お願いします。

--------- * ---------

家族、結婚、離婚、別姓 [Tue Jan 29 19:41:26 2002]

ただいまレポートを全部読み終わりましたが、同じようなパターンのレポートが続いたので、その継承関係を調査する予定です。まず、レポート全体のうち、70%が家族関係の内容でして、あまりのバリエーションの少なさに驚きました。来年は、対策しようと思います。

次に、家族関係の内容について3つほどのパターンに分類できそうです。

1) 結婚→別姓問題
2) 結婚→離婚
3) 結婚→相続

さらに、家族法の歴史について

1) 日本古代→中世→近世→現代
2) 西洋古代→中世→近世→現代

というパターンです。これもこれだけ広汎なテーマの割には同じエピソードが繰り返し引用されていることが解ります。

明らかに類似した記述を含むレポートが多数存在しました。同じ文献を使った場合、似た記述になる可能性はあるのですが、全員が全員、同じ場所を参照して書いているというのは不自然です。

事前に連絡したように、過度に類似した内容のレポートである場合、最初に提出した人のみを提出とし、以降の人は未提出扱いとなるので、覚悟しておいて下さい。

--------- * ---------

またまた発見 [Mon Jan 28 17:50:53 2002]

また、他人の論文を丸写ししたものを発見しました。

http://www.mag.keio.ac.jp/~fumika/concon1/ronbun.html

を剽窃したものです。やはり不合格判定にせざる得ません。

--------- * ---------

残念ながら [Mon Jan 28 16:11:23 2002]

レポート採点中ですが、レポート中にTeXの制御記号が入ったままのレポートが見つかりました。社会学部の1年生でTeXを使っているとは考えにくかったので、調査したところ、この学生のレポートは、

http://www.mag.keio.ac.jp/~fumika/concon1/ronbun3.html

をほぼそのままcut & copyしたものであることが判明しました。よって不合格とすることにします。他人のレポートを参照することは容認できるとしても、何の工夫も無くそのままコピーすることは「剽窃」に当たり、許されるものではありません。文献を参考にすることと、丸写しすることは違うということを肝に命じるよう警告したいと思います。

--------- * ---------

レポート集計中 [Mon Jan 28 11:39:11 2002]

レポートの提出ご苦労様でした。ただいま集計と採点の途中です。
残念ながら〆切に完全に遅れた提出が1件ありました。このレポートは未提出として
成績評価します。

とりあえず、類似レポート抽出プログラムの集計結果を公表します。学籍番号の主要部分は伏せてあります。

類似と判定されたレポートを流し読みしてみましたが、他人のレポートを写したとは今のところ判定していません。しかし、今後読み進めていく中でレポートを写したと判断されるものが出てくるる可能性があります。その場合は、講義中に連絡したように、一番早く提出したもののみを提出として扱い、残りは未提出扱いとします。

;-------------------------------------
*** Resembling Documents over allowance ***
-- Group *--
00e0***.txt 0*E0*0*.txt 0*e0***.txt 0*E0***.txt 0*E0***.txt 0*e0***.txt 0*E0*0*.txt *****0*.txt ***0***.txt
-- Group *--
00E0*0*.txt 0*.txt 0*e00**.txt 0*E0*0*.txt 0*E0***.txt 0*E0*0*.txt
-- Group *--
00e0**0.txt 0*E0*0*.txt 0*E0***.txt 0*e0***.txt 0*E0**0.txt 0*e0***.txt 0*e0***.txt 0*e0***.txt T0*E00*0.txt t0*e0***.txt
-- Group *--
0*E00**.txt 0*e0***.txt
-- Group *--
0*e0*0*.txt 0*E0*0*.txt
-- Group *--
0*E0***.txt 0*E0***.txt
-- Group *--
0*E0***.txt 0*e0***.txt
-- Group *--
0*E**0*.txt *****0*.txt

--------- * ---------

下記日付まちがい [Thu Dec 20 09:35:46 2001]

2002年1月15日はもう試験期間に入ってますね。大学は1月8日から開始しますが、その8日の「現代社会と法律学」が休講となります。

--------- * ---------

本日後期講義が終了しました [Tue Dec 18 20:19:18 2001]

後期の講義として準備していた内容をすべて終えましたので、12月最後の講義で終了とします。年明け2002年1月15日(火)の講義は休講となります。それではみなさん良い年を迎えてください。

--------- * ---------

後期レポート提出要項 [Tue Dec 11 22:58:43 2001] 参考ページ

提出日時および場所
インターネット・エクスプローラーあるいはNetscape等のブラウザを用いて ../cgi/gensya.htm
にてアクセスできるページの指示に従い2002年1月26日(土曜日)朝8時までに送信すること。提出時間は自動的に記録される。〆切を過ぎたものは採点しない。

論題
本講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。このとき、少なくとも三つ以上の参考文献を用いること。参考文献名を明記すること。参考文献は、事典類であってもよい。

採点基準:
どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。使用した参考文献名を示さないレポートは大幅な減点とする。

様式:
字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。紙による提出は受け付けない。

注意事項:
明らかに他人のレポートと同一と認められる場合、配点しない。したがって事典類の解説をそのまま書き写すことは避けるべきである。

自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

--------- * ---------

採点後記 [Fri Jul 27 00:06:42 2001]

現代社会と法律学のレポート評価が只今終わりました。 総提出数 196通。

そのうち約60通のレポートが締め切り当日に提出されていました。余裕を持って提出するように指示してもやっぱり締め切りギリギリにならないと課題に手がつかない人が多いようです。

なんでも〆切ギリギリに済ませようとすると、それが癖になって取り返しのつかない仕事で失敗する危険がありますから、できる限りはやく改善したほうがいいです。と書いても、きっとギリギリの状態になるまで改善しようとしないんでしょうねぇ。

さて、類似レポート抽出プログラムですが、以下のような出力を得ました。学籍番号は本人の名誉のために伏せておきます。

-- Group 1--
00E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 995****.txt t01E****.txt
-- Group 2--
00E****.txt 00E****.txt
-- Group 3--
00E****.txt 00E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt 01E****.txt t01E****.txt
-- Group 4--
01E****.txt 01E****.txt
-- Group 5--
01E****.txt 01E****.txt
-- Group 6--
01E****.txt t01E****.txt

類似していると判定されたレポートについてはそれぞれ改めて読んでみました。かなり怪しいレポートもありましたが、今回は明らかな「丸写し」はなかったと判定しました。

--------- * ---------

締め切りました [Tue Jul 24 10:07:09 2001]

レポート提出システムを只今停止しました。これで前期レポートも受付完了。

「レポートは大変だった」という意見をかなり見ましたが、諸君らの努力は必ずや報われるよう評価していきます。でも、手を抜いた人にはそれなりの結末が待ってることは覚悟しておいてくださいね。

それでは、よい夏休みをお過ごしください。後期も取ってくれる人は9月の末にまたお目に掛かりましょう。

--------- * ---------

レポート提出〆切について [Mon Jul 23 18:22:33 2001]

レポートの提出〆切がいよいよ明日になりました。で、ある学生から〆切である「24日朝」という基準が曖昧であると指摘されましたので、確定しておきます。

24日の午前10:00にシステムを停止する予定ですので、それまでに提出するようにしてくださいね。

;-----------------------------------

すでに22日提出分までの評価は済んでおります。今年はPDAであるVisorが手に入ったので、それにレポートと受講生リストをコピーして、電車での移動時間などにレポートの評価を進めています。わずかな時間でもすぐにレポートを読めるので、Visorをとても重宝しています。

また、「類似レポート抽出プログラム」による処理では、すでに7種類の類似したレポート群が抽出されています。すべてのレポートが揃った段階で他人のレポートを写したのではないかと考えられるレポートの抽出作業を具体的に行おうと考えています。

--------- * ---------

参考文献リスト [Wed Jul 18 09:44:29 2001]

レポートの要件としてかならず参考文献リストをつけることを要求しているのですが、現在提出されているレポートの半分くらいには参考文献リストがついていません。参考文献リストのないものは、それだけでC評価となり、内容が不十分であればD評価になる危険性が非常に高くなります。

すでにレポートを提出している人でも改めて参考文献リスト付きのレポートを再提出しても構いません。

--------- * ---------

いやはや勘違い (苦笑) [Tue Jul 10 17:00:59 2001]

本日の講義で、前期予定していた分の講義を終えまして、エラソーに「来週は休講にします」とみなさんをぬか喜びさせたのですが、よくよく学事日程を見てみたところ、もともと17日にはもう前期講義は終了していたのでした。

というわけで、きっちり予定通り現代社会と法律学の前期を終えることができたことになります。後期も受講してくださるみなさんとは、また秋にあえることを楽しみにしています。

よい夏休みを過ごしてください。

--------- * ---------

前期レポート [Mon Jul 9 13:11:28 2001]

既に事務室横に掲示してありますが、こちらでも。

科目名 現代社会と法律学(1)
担当者 白田 秀彰
提出日時および場所
インターネット・エクスプローラーあるいはNetscape等のWebブラウザを用いて ../cgi/gensya.htm
にてアクセスできるページの指示に従い2001年7月24日朝までに送信すること。

論題
本講義の内容でとくに印象に残った事項について一つとりあげ、その事項に関して解説せよ。このとき、少なくとも三つ以上の参考文献を用いること。参考文献名を明記すること。参考文献は、事典類であってもよい。

採点基準
どの程度の水準の参考文献を用いているか。解説は適切であるか。使用した参考文献名を示さないレポートは大幅な減点とする。

様式
字数おおよそ3000字程度。字数は超過しても構わない。紙による提出は受け付けない。

注意事項
明らかに他人のレポートと同一と認められる場合、配点しない。したがって事典類の解説をそのまま書き写すことは避けるべきである。

自らでは、上記の提出方法にて提出できない学生は、そうした作業になれている学生に提出を依頼してよい。他の学生の依頼をうけて提出作業をした学生は、その旨を「コメント」欄に記載すること。他の学生の提出作業を手伝った学生には加点する。

--------- * ---------

5月15日 休講の連絡 [Sun May 13 21:16:37 2001]

16日の転居を前に、荷造りが終わらないため、やむを得ず15日の講義を休講とします。事務東横の掲示板にも休講掲示がされると思います。この連絡事項掲示板を見ている人はあまりいないようなので、この講義を取っている人にも連絡してあげてください。

--------- * ---------

2001年度最初の講義 [Tue Apr 10 21:56:20 2001]

本日(4月10日)はたくさんの学生さんに集まってもらって、大変嬉しかったです。基本的にレポートで評価する講義とはいえ、面白い講義を心がけますので、できるだけ沢山の学生さんに出席してもらいたいと思います。

さて、来週はまだ履修登録期間ですが、とりあえず最初の講義を始めてしまいますので、本日ガイダンスに参加した人も来週出席してくださいね。

また、私に質問などある人は shirata1992@mercury.ne.jpに遠慮なくメールしてください。

それでは。教室でお目にかかりましょう。

--------- * ---------

参考文献リストの無いレポート [Sat Jan 27 23:08:00 2001]

レポートの採点をしていますが、参考文献リストを付けていないものが多いことにがっかりさせられました。おそらく、レポート課題の内容について自分自身で確認していないからでしょう。

今回は、参考文献リストの無いものについて、それのみを理由として「不可」とはしませんが、来年からは参考文献リストの無いものは、内容の如何にかかわらず「不可」とすることにします。

--------- * ---------

レポート集計 [Fri Jan 26 09:48:04 2001]

おはようございます。26日朝をもってレポートの受付を停止しました。123人がレポートを提出しました。

先ほど、「類似レポート抽出プログラム」を適用しましたところ、4つの類似したレポートのグループが発見されました。そこで、それらのレポートを読んでみて内容の類似点について検討しましたが、いずれも独立して執筆されたものであると判断しました。

--------- * ---------

原因判明 [Thu Jan 25 17:47:40 2001]

うちのルータが落とされたのではないか、と疑っていたけど、原因がわかった。UPSが不正な停止信号を送っていたために、停止するようになっていたみたいだ。クラックでなくてよかったよ。いまのところUPSをバイパスする措置をして、代替機を待っている状態。

--------- * ---------

参考文献記入漏れ [Tue Jan 23 20:36:59 2001]

高野 祐造 00E0342 「損害賠償と保険について」の参考文献が一冊も記入されていない。〆切までに参考文献リストを付けたものを再提出しないと、条件を満たしていないということで不可となる。

彼がこのページを見ていない可能性が高いので彼に連絡を付けられる人は、教えてあげてください。

「レポート課題」には少なくとも3冊の参考文献を掲げることを要求している。この基準を満たさないものは提出とならないので注意してほしい。

--------- * ---------

〆切延長 [Mon Jan 22 11:52:41 2001]

システムダウンにともない、提出できなかった人のことも考慮して、〆切を1月25日まで延長します。

--------- * ---------

システムダウン [Mon Jan 22 11:45:13 2001]

1月21日からOrionへのアクセスができない状態になっていました。レポートの提出ができなくなっていたので、焦った人も多かったとおもいます。原因は調査中ですが、私の部屋のゲートウェイになっていたマシンに不具合が起きていたことが理由とみられています。

すでにゲートウェイとなっていたマシンをネットワークから除去して、応急的に復旧しています。

--------- * ---------

参考文献記入漏れ [Sat Jan 20 23:36:04 2001]

新本 桂司 9850742 「江戸の男と女の刑罰」に参考文献が記入されていません。〆切までに参考文献を記入しないと、レポートの要件を満たしていないということで、合格となりません。本人が見ていない可能性が高いので、もし、彼を知っている人がこの掲示をみたら、彼に連絡してやってください。

--------- * ---------

もうしわけない [Fri Jan 5 21:11:11 2001]

1月16日 火曜日の講義でお終いにしようと考えていましたが、なんとこの日から試験期間が始まってしまうために、休講にしてしまった1月9日が年明け唯一の講義だったのでした。

受講生には好評だった(ような気がする)「家族と結婚の制度」のシメの部分がないまま講義を終えてしまうのは大変残念ですが、もうチャンスがありません。どうしても残りの部分を聞きたい人は、私あて shirata1992@mercury.ne.jpにメールしてください。ある程度の人数が集まるようでしたら、どこかの空き教室に潜り込んで私的な補講をしたいと思います。日程などについても全員の予定をみながら決定します。

--------- * ---------

2001年1月9日 [Mon Dec 11 22:33:20 2000]

この日、情報処理学会 ソフトウェア・シンポジウムに参加するので、休講とします。

--------- * ---------

さらに注意事項 [Tue Dec 5 13:21:39 2000]

注意事項: レポートに対しては、「類似レポート抽出プログラム」を適用する。他人のレポートを写したものは容易に発見されるので自分自身の力でレポートを作成すること。酷似したレポートが複数存在した場合、最初に提出されたもののみを提出とし、それ以降のものは不提出として取り扱う。

--------- * ---------

提出期日の訂正 [Tue Dec 5 13:20:03 2000]

下記のレポート課題の提出期日について誤りがありました。

2000年1月ではなく、2001年1月の誤りですので、そのように読み替えてください。

--------- * ---------

2000年後期レポート課題 [Tue Dec 5 11:08:05 2000] 参考ページ

レポート課題

科目名: 現代社会と法律学 火曜3限 201教室

担当教員: 白田 秀彰

提出日: 本日から随時受け付けて2000年1月23日早朝を締切りとする。23日午前中にはレポート提出システムを停止する。

提出はWeb経由のものに限る。それ以外の方法による提出は受け付けない。提出は、http://133.25.179.139/class/indexj.htm から参照できる「現代社会と法律学」の「レポート提出」から行うこと。提出は何度やり直しても問題ないが、他の講義のレポート提出先に提出しないように注意すること。

具体的な提出方法については、提出用Webページにて指示する。

課題: 後期取り上げたテーマのうち、もっとも興味を引いたテーマについて取り上げ、現代社会においていかなる点がもっとも問題を含み、改善すべきであるかについて論ぜよ。このとき、私の提示した観点以外の観点から問題を把握し、改善点を示したものを高く評価する。

なお、最低3種類の参考文献を用い、かならずレポート末尾に参考文献の一覧をつけること。参考文献一覧のないものについては大幅な減点対象となる。

様式: 1600字以上3000字以下。詳細は上記Webページの指示に従うこと。

--------- * ---------

レポート提出ミス [Wed Aug 30 10:20:04 2000]

下記の人は、どうしたことか他の大学の他の講義にレポートを提出していたため、夏学期の採点から漏れています。「現代社会と法律学」は夏・冬別講義となっており、採点から漏れている人は未提出扱いになっています。

成績発表の後の確認期間に事務室に届け出てください。

提出ミスを理由とする不利益については、当然提出者に負ってもらいますので、今後、レポート提出先をよく確認した上で提出するように注意してください。

--------- * ---------

レポート〆切直前の統計 [Sun Jul 30 06:46:19 2000]

おはようございます。あと数時間のうちにはレポート受付システムを停止するつもりです。ほとんどの人がうまくオンラインでレポートを提出してくれたようです。

トラブルとしては一部の利用者のブラウザにおいて「受領証」がうまく印刷できないという不具合が報告されていましたが、「受領証」が印字できなかった場合でもレポート本体は確かに送信されていることを確認しています。

さて、〆切前ですがレポート提出の様子を統計してみました。

以下は、日にちと提出者数です。統計の時点で112人の人が提出してくれています。

1 13日
1 18日
2 20日
3 21日
4 22日
6 23日
3 24日
4 25日
10 26日
9 27日
19 28日
34 29日
16 30日

やっぱり半分の人が〆切直前に提出しているようです。〆切内に提出できているので問題ないわけですが、できれば余裕を持って早めに提出するようにしたほうがよいと思いますよ。レポート課題内容の公表は6月末には行っているわけですから。

--------- * ---------

7月4日の講義に関する参考文献 [Tue Jul 4 15:58:25 2000] 参考ページ

7月4日は、時間が余ってしまったので「インターネットの歩き方」と題して、ネットワークに接続するにあたって必要な心構えに関して話しました。

幾人かの人から、こうした内容に関して参考文献を挙げてほしいと頼まれましたので、ここに掲げます。良い本はいろいろとあるのですが、法律の専門書でないものうち、私が知っている範囲で、よさそうなものを挙げます。

ネットワークにおける作法について知りたいなら、この文章がよい。インターネットが一般化してしまう前の雰囲気について理解することができるだろう。

● http://www.imasy.or.jp/~airplane/fj.html

とりあえず簡便にインターネット関連の基礎知識をつけるために。新書版なので買いやすいし、内容もいまのところ最新のもの。

●矢野 直明 『インターネット術語集−サイバースペースを生きるために−』 岩波新書

理科系大学の新入生向けテキスト的なものとして。ネットワークに関連したさまざまなツールの操作や作法についても解説している。

●筧 捷彦 and 辰己 丈夫 『インターネット時代の書法と作法』 サイエンス社

法律とインターネットとの関わりについて解説したもの。法律自体はアメリカの法律であるので、そのまま日本の状況には対応していないが、基本的な考え方は日米で同一なので、参考になる。

●Lance、Rose Fems訳 『ネットワークの罠 --知らないうちに犯罪者!?--』 アスキー出版局

訳は悪いが、なかなか面白い。アンダーグラウンドのノリを知りたい人に。ある程度、ネットワークについて知っている人でないと笑えないかも。

●Gerard Van der Leun and Thomas Mandel、西尾 操子 訳 『インターネットの戒律』 アスキー出版局

その他、学術書として数種類あるが、とりあえずの導入としては以上のものを読んでおくとよい。

--------- * ---------

来週(7月11日) 休講です。 [Tue Jul 4 15:28:26 2000]

前期に講義する予定だった内容をすべて終えてしまったので、来週7月11日を休講とし、前期の講義を終了します。

--------- * ---------

レポート課題 「現代社会と法律 I 」 [Mon Jun 26 22:43:44 2000] 参考ページ

課題: 前期の講義で取り上げた事項中、とくに興味を引いた事柄1つについて文献調査を行い報告してください。ただし使用する文献は少なくとも3冊であること。法律学辞典・百科事典の類も使用してよいです。文献名を必ず掲げること。

様式: おおよそ1600字から3000字程度とする。提出はすべてWebにておこなうこと。紙によるレポートは受け付けない。提出先、レポートの詳細については、

http://133.25.179.139/class/indexj.htm

に掲載されている「現代社会と法律学」の「レポート提出」「連絡事項」を参照のこと。

提出期限: 2000年7月30日朝をもって提出システムを停止します。システム停止以降はいかなる理由があってもいっさいレポートの提出を受け付けません。

注意事項: レポートについては「類似レポート抽出プログラム」を適用します。他人のレポートを写したものは容易に発見できることに注意してください。酷似したレポートが複数存在した場合、最初に提出されたもののみを提出として扱います。その他のものは不提出扱いとなります。

以上。

--------- * ---------

現代社会と法律学のテキストについて [Wed May 10 22:09:03 2000]

2000年度講義要項では「現代社会と法律学」のテキストを作成して、生協で販売する旨の予定を掲げましたが見送りました。理由は、私が多忙で作成できなかったことに加え、テキストを作成すると、受講人数の関係上、かなり高価なものになってしまうことが予測されるためです。

「現代社会と法律学」は、皆さんに法律というものの大雑把な理解と、現代社会における問題点のキモを理解してもらうことを趣旨としております。ゆえに、精緻な理解や記憶を要求していません。完璧な講義ノートを取ろうとは考えずに、私の話とプレゼン資料をみながら、日ごろみなさんが何となく感じていた法律のオカシナ部分がどういった理由で生じているのか、を考えてもらえれば、それでよいと思っています。

成績評価はレポートですが、課題の内容は講義の内容と関連あるものの、講義を全部聴きとおさないと書けないというようなものではありません。

ですから、あまり神経質にならずに、火曜日の午後 法律について新しい見方で考える時間として楽しんでください。

--------- * ---------

コンピュータの運用能力と友達のお手伝いについて [Tue Apr 11 15:43:34 2000]

レポート提出は、Web経由での提出しか受け付けません。

で、この連絡事項のページを読むことのできている皆さんは、技能的には大丈夫だろうとおもいます。もし、うまくできないときには友達に代わってやってもらってもかまいません。とうぜん、レポートそれ自体は皆さんが自分自身で書くんですよ。

また、誰か他人のレポート提出を手伝った人は、「コメント」欄にその旨と自分の氏名、学籍番号を明記しておいてください。他人のレポート提出を手伝った人には加点します。

他の人のレポート提出を手助けしまくって「A」評価になってしまうこともあるかもしれませんね。

--------- * ---------

連絡掲示板リニューアル [Tue Jan 25 11:28:44 2000]

これまで新規書き込みがどんどん下の方に下がっていたのですが、これからは新規書き込みが先頭に来るようになりました。これで新しい連絡事項を見るためにスクロールさせる必要がなくなりました。

--------- * ---------

to Shirata's Class to Hideaki's Home