NOTE

連絡事項


--------- * ---------

11月5日の講義の補足資料 [Mon Nov 7 13:29:22 2005] 参考ページ

11月5日の講義に関しての補足資料として、

http://hotwired.goo.ne.jp/original/shirata/index.html

に掲げられている、『刑事分野について考えてみるI II III』21回、22回、23回を指定します。が、印刷をしておく必要はなくて、読んでおけばよいです。とくに、IIとIIIは直接講義で触れた部分で、その背景となる考え方はIに記述してあります。

--------- * ---------

履修登録を締め切りました [Wed Apr 27 09:18:46 2005]

本日、8:50頃、履修登録システムを停止しました。全ての受講希望のみなさんが8:00の締め切り前に手続していてくださって、とてもありがたいです。また、システム的にも、運用上もこれといったトラブルも無かったようで、今年の受講生はとても手際が良いと思いました。

確定した受講生は122人、例年程度です。皆さんからいただいた個人情報についてはすでにサーバーから削除して、私の厳重に管理してあるローカルコンピュータにしかデータは存在しません。緊急連絡用に皆さんからいただいた電子メールでの連絡先についても、個人名から分離したリストにしてあります。これらのデータは、成績評価を事務に提出した後、半年で削除してしまいます。

それでは、少なくとも半期、長い人は一年、一緒に学んでいきましょう。

あと、「就活なので配慮してくれ」と書いた人へ。ガイダンスの時に繰り返し警告したように、私の講義では、出席状況やテストの成績以外の要素はなんにも考慮したりしません。ですから、成績が悪ければ就活の状態がどうであろうと容赦なく落ちます。覚悟しておいてくださいね。

--------- * ---------

テキストの数 [Sun Apr 17 21:33:21 2005]

連絡を忘れていたことがあります。テキストの数です。2003年度に作りすぎてしまった残部を現在販売している状態ですので、現在の在庫が無くなり次第おしまいになります。在庫数がどのくらいかは覚えていませんが。

ガイダンスの時の印象では120-150人くらいだったと思うので、足りなくなることはないと思いますが、早めに入手しておかないと無くなる可能性もあります。

--------- * ---------

↓下のリンク失敗してました。 [Wed Jun 18 00:44:27 2003] 参考ページ

のでやり直し

--------- * ---------

17日の講義で紹介した資料 [Wed Jun 18 00:43:28 2003] 参考ページ

講義中、メディア産業の展開についての資料を紹介しようとしましたが、参照できなかったので、ここで紹介しておきます。

../a_media.htm

で開くページのパート2を読んでみてください。

--------- * ---------

2003年履修登録締め切り日 [Tue Apr 22 07:03:18 2003]

私への履修登録の締め切りを25日としていましたが、「情報法テキスト」の履修登録の方法に関する解説で27日と記述していましたので、履修登録の締め切りを27日午前8:00まで延長します。

--------- * ---------

2003年度予告 [Thu Jan 23 00:12:49 2003]

試験採点してます。 いやあ、目の前が薄ら暗くなるようなインパクトが。 講義の内容が複雑なのは事実だし、それをうまく説明し切れてないのもわかってる。だから、試験の採点は甘めにしてきた。

しかし、今回の答案を採点していて、試験の答案として、あるいは日本語として成立していない答案が多数あるのには言葉を失うしかない。

相対評価法を採用することを宣言していたので、今回は粛々と試験点を評価し、出席点による救済を行います。が、今回は不合格者の数が増えざる得ないと思われます。

予告では再来年からとしていた評価基準のシビア化を前倒しし、2003年度から、相対評価に加え、合格最低基準を導入します。いくつかの設問について一定水準正答できていない場合には、不合格とし、それらの不合格者を除外した残りで相対評価を行う、という方式にします。この合格最低基準を満たさない場合には、出席点による救済も行わないことにします。

4月のガイダンスでも告知しますが2003年度受講者は、上記の評価方法に変更されることを理解した上で受講してください。

--------- * ---------

試験日程決定 [Fri Jan 10 16:30:23 2003]

2002年度 情報・マスコミ関係法の試験日程が決定しましたので連絡します。

2003年1月21日 火曜日 3限 13:30 - 15:00 B301教室

です。試験は、空欄補充と論述の組み合わせ問題が2組でます。持ち込み自由。

答案に試験内容と関係の無い事項、たとえば、就職活動やクラブ活動等について書いた場合、採点を行わず不可としますので注意。

--------- * ---------

またまちがい [Wed Jul 3 20:35:15 2002]

>文書誹謗についてです。
>講義中、黒板にはlibleと書いてあったのですが、
>教科書ではlibelとなっています。どちらが正しいのでしょうか。
>もしくは違った意味の単語ですか?

もちろん、教科書のほうが正しいです。後半、講義の進行を急いだのでミスしたのでしょう。

--------- * ---------

訂正 [Wed Jul 3 09:56:33 2002]

以下のような質問がメールできました。

> 今日の情報法の授業で通信法改正の正の字が政になっていました。これは別の意味があるのですか?

いいえ、単に書き間違っただけです。正しくは「改正」です。お詫びして訂正します。

--------- * ---------

メディア規制三法案と呼ばれているもの [Thu Jun 20 07:26:29 2002]

講義で参考資料として用いるとした、いわゆるメディア規制三法案のURLは以下のとおりです。

個人情報の保護に関する法律案
http://www.kantei.go.jp/jp/it/privacy/houseika/hourituan/327houan.html

青少年有害社会環境対策基本法案
http://www.mainichi.co.jp/digital/yuugai/01.html

人権擁護法案
http://www.mars.sphere.ne.jp/jhrf21/Campaign/20020308A.html

これだけ今年の話題になっているのですから、マスコミ志望の人が読まずに済ませられないのは当然ですね。これらの法案を題材に、言論規制を行う場合に原則とされる法理について検討していきます。

--------- * ---------

4日(火曜日)休講させてください [Mon Jun 3 21:17:17 2002]

土曜日から風邪をひいて結局シンポジウムにもいきませんでした。相変わらずのどの奥に異物感があって、痛く、咳き込むので講義は休講させていただくことにしました。この掲示を見た人は、情報・マスコミ関係法を取っている友人にも教えてあげてください。

--------- * ---------

履修登録終了 [Sat Apr 27 08:36:55 2002]

履修登録が終了しました。今年度の履修者は235人のようです。
みなさんの期待に応えられるようがんばります。

--------- * ---------

成績処理について [Tue Apr 23 15:21:50 2002]

いろいろと挨拶いただいたり、コメント欄で「よろしく」といわれたりするのですが、私の講義で成績を集計するときには、学籍番号のみで処理を進めますので、だれがどういう成績になっているのか、私自身にもわかりません。

これは絶対のルールとしてガイダンス時にも言ってあるのですが、試験の答案において、部活動、サークル活動、就職活動等に関して言及し、成績評価に手心を加えるように依頼している文章を書いた場合、その答案の採点は行わず、無条件に成績はDとなります。成績評価は甘目だと思いますので、変な小細工は使わず実力で勝負してください。

--------- * ---------

4月23日 講義中に言及した文献 [Tue Apr 23 15:16:25 2002]

すでに昨年も推薦した本なんですけど、改めて書誌データを掲げておきます。

@book{Toffler80=Label Author="Alvin Toffler" Translator="徳山 二郎 and 鈴木 健次" Title="第三の波" Publisher="日本放送出版協会" Address="" Year="1980" place="小平市立図書館 閉架 11662382 /304 自宅 研究室"}

@book{Toffler90=Label Author="Alvin Toffler" Translator="徳山 二郎" Title="パワーシフト" Volume="上・下" Publisher="フジテレビ出版" Address="" Year="1990" place="3000/144 自宅" Note="Powershift: Knowledge Wealth and Violence at the Edge of the 21st Century (Bantam Books New York 1990)" }

@book{Lessig01=Label Author="Lawrence Lessig" Translator="山形 浩生 and 柏木 亮二" Title="CODE インターネットの合法・違法・プライバシー" Publisher="翔泳社" Address="東京" Year="2001" place="自宅 翻訳者献本"}

--------- * ---------

テキストについて [Tue Apr 16 20:36:05 2002]

なんか生協からメールがはいってまして、いきなり160部が完売ということらしいです。昨年は売れ残ったのになんでこんなに売れるのかさっぱりわかりません。物を売るというのは大変なんですね。

そこで一応100部増刷することに決まったんだそうです。ですから、テキストは増えますので慌てて購入する必要はありません。また、テキストが手に入らなかったから、といって受講を諦める必要もないようです。

--------- * ---------

おつかれさま [Mon Jan 21 17:54:39 2002]

とんでもない悪天候のなか、試験を受けにわざわざ来てくれてありがとう。

ずっしり重い答案を持ち帰って、今は自宅。これから採点だ。

諸君らは、今日まで大変だったけど、私はこれから大変。採点〆切の2月5日に間に合うか?!

数年前から、オンラインで試験が出来ないものか、と考えてる。で、実は、方向性については見当がついてるんだ。でも、そのためには長い実験期間を置かないといけない。そういう研究外の時間を取ることは、ちょっとできそうにないので、アイデア倒れに終わりそうだ。

--------- * ---------

試験日程等確定 [Wed Jan 9 14:19:36 2002]

後期試験の日程及び場所が確定しました。先に告知した場所と違う教室になってますので、改めて連絡しておきます。

2002年1月21日 月曜日 第3限 13:30 - 15:00 60分試験 教室201

です。

--------- * ---------

補講の教室変更 [Tue Dec 18 10:38:42 2001]

事務に補講の日時や場所について確認したら、いつもの201教室ではなく301教室になるらしいことを聞きました。その時間は、先に他の先生の講義が入っていたんですね。

というわけで、301教室で会いましょう。

--------- * ---------

後期試験について [Mon Dec 17 22:53:50 2001]

まだ正式発表ではないのですが、試験の日程を早く知りたい、という人が多いので、現在のところの予定をお知らせしておきます。年明けに試験日程は正式発表になりますから、その時にあらためて確認してくださいね。

2002年1月21日月曜日3限 202教室にて。

出題2問。今回は問題を選択しません。2問について論述してください。

持ち込み自由。テキストのみならず、参考資料などなんでも持ってきてください。
ただし、他人と連絡できるような通信機能を備えたものは持ち込めません。

--------- * ---------

補講について [Mon Dec 17 22:50:26 2001]

なんてこったい。年明けに1回講義があるとばかり思ってたら、本日で終わりだった。で、まだ講義内容として予定したことが終わってないんです。

そこで補講やります。対象者は希望者のみ。試験範囲にはならないので、興味の無い人は受講しなくても構いません。決めたことをやり通すのは先生としての責任。学生がひとりでもいればやります。

事務のほうにも補講のお願いを出しておきました。12月25日火曜日(メリークリスマス!)の3限にいつもの教室で。

ところで、ドラマ「アンティーク」最終回ってヒドいよね。あんな終わり方は駄目じゃん!

--------- * ---------

11月19日 休講です。 [Tue Oct 23 14:54:53 2001]

11月19日は、某研究機関のフォーラムに参加するため、休講とさせていただきます。事務室の掲示板にもでてると思いますけど、この講義をとっているお友達にも連絡しておいてくださいね。このフォーラムで仕入れた情報は、次の講義でお話できるとおもいます。

--------- * ---------

グリゴリの捕縛 [Tue Sep 25 07:03:42 2001] 参考ページ

昨日の講義で紹介した、「グリゴリの捕縛」という論文のURLは、

../kenporon.htm

です。気が向いたら読んでみてください。

--------- * ---------

試験日程 公開 [Tue Jul 10 13:25:53 2001]

事務に確認したところ日時、場所を公表しても良いということでしたので、連絡しておきます。

試験日時 7月23日 月曜日 3限 13:30 - 15:00の時間帯に60分の試験

場所 202教室

です。試験に関する注意事項は下のとおり。

--------- * ---------

書類を良く見たら [Mon Jul 9 10:39:19 2001]

書類を良く見たら、下の試験日程は「案」でした。公式発表前に情報を出すとまた怒られてしまうので、公式発表までまっててください。日時、場所については伏せてあります。

--------- * ---------

試験日程確定しました。 [Mon Jul 9 10:29:10 2001]

学生のみなさんにとってはもっとも心配な試験の概要が決まりましたので連絡しておきます。

情報マスコミ関係法の試験は 時限において60分の試験として行われます。場所は 教室。 試験の方法は昨年と少しだけ変わりまして、問題の選択ができなくなりました。2問出題して2問に解答することになります。いずれも論述式です。

持ち込みは「外部と連絡できるような機器を除いてなんでも持ち込み可」です。

答案に 就職活動や部活動・クラブ活動等の試験の解答と関係の無い事柄を書き込んだ場合採点を行わずにD評価としますので、決してそのような内容を書き込まないようにしてください。

--------- * ---------

講義中に紹介した本 [Mon May 14 22:12:40 2001]

こんばんは。本日の講義で推薦しておいた書籍の書誌情報を掲載しておきます。

@book{Toffler80=Label Author="Alvin Toffler" Translator="徳山 二郎 and 鈴木 健次" Title="第三の波" Publisher="日本放送出版協会" Address="" Year="1980" place="小平市立図書館 閉架 11662382 /304 自宅 研究室"}

@book{Toffler90=Label Author="Alvin Toffler" Translator="徳山 二郎" Title="パワーシフト" Volume="上・下" Publisher="フジテレビ出版" Address="" Year="1990" place="3000/144 自宅" Note="Powershift: Knowledge Wealth and Violence at the Edge of the 21st Century (Bantam Books New York 1990)" }

@book{Lessig01=Label Author="Lawrence Lessig" Translator="山形 浩生 and 柏木 亮二" Title="CODE インターネットの合法・違法・プライバシー" Publisher="翔泳社" Address="東京" Year="2001" place="自宅 翻訳者献本"}

読んで決して損にはならない本だと思います。

--------- * ---------

「功用」と「効用」 [Mon May 7 23:06:50 2001]

本日の講義の板書で経済学用語の「こうよう」を「功用」と書きましたが、テキストにあった、「効用」が正しい用語です。お詫びして訂正します。

こう‐よう【功用】物の役に立つこと。はたらき。ききめ。功能。てがら。功労。

こう‐よう【効用】恭‥ つかいみち。用途。役に立つこと。ききめ。効能。〔経〕財貨・サービスが人の欲望を満たし得る能力の度合。

--------- * ---------

履修登録システムのURL [Mon May 7 07:12:13 2001] 参考ページ

再稼動させた履修登録システムのURLを記しておくのを忘れていました。

../cgi/houjou.htm

です。

--------- * ---------

履修登録漏れ [Sun May 6 23:54:50 2001]

登録期日までに履修登録システムへの登録を行わなかった人がいたようなので、暫定的な救済策として明日一日のみシステムを再稼動させることにしました。まだバーコードを印刷して準備していない人のための最後のチャンスとなります。

--------- * ---------

バーコードについて [Mon Apr 16 22:29:28 2001]

申し訳ありません。Perlスクリプトのミスで、全角英数字(横幅が二倍)で学籍番号を入力した学生さんのバーコードが正しく印字されていない可能性があります。お手数ですが、心当たりの方は(数人いることを確認しています)、もう一度履修登録およびバーコード印字をお願いします。出席票には新しいバーコードを上から重ねて貼れば問題なく使用できます。

すでに対処してあるので、今後はこういったエラーはでないものと思われます。

--------- * ---------

講義に関しての捕捉 [Mon Apr 16 14:36:50 2001]

講義の説明のときに、i-modeによる対応について説明したのですが、私の説明が悪くて、他のj-phone等の携帯電話では対応してないように聞こえたかもしれません。そこで捕捉します。講義を履修するにあたって、メールアドレスは必要ありません。また、メールであれば、どの携帯電話のメールでも使えるはずです。

メールがあったほうが、緊急の連絡のときに便利だという趣旨です。

また、自宅にプリンタ等がなくて、履修登録やレポート提出で困る懸念をお持ちの方がいるかもしれませんが、通常の場合、レポートの受付は課題を出した日から1-2週間の間、24時間受け付けておりますので、学校に来たついでにセンターから登録、提出しても十分に間に合うと思われます。

チャットシステムを利用した遠隔講義実験は、希望者のみで結構ですので、これらの実験に対応できない人でも問題なく情報マスコミ関係法を受講することができます。

それでは、できるだけ沢山の方の受講を期待しております。

--------- * ---------

集計してみて [Wed Jan 24 08:47:28 2001]

現在テストの採点中ですが、その前に出席点の計算のもととなる集計をしてみたところ、面白い結果が見えてきました。

(1)前期と比較すると後期のほうが出席が良くなっているはずなのに、教壇から見ている私からすると、後期の方が出席が減っている。

(2)前期出席が少なかったにもかかわらず、後期5回の出席を果たしている人の試験点は概して低い。

(3) 出席していないにもかかわらず高得点の人は前期に多く、すべて出席しているにもかかわらず試験点が著しく低い人は後期に多い。

これは、後期になると友達が増えて、代返を頼みやすくなっていることを物語っていると思われます。出席点は、試験点と合計されて評価されることに加えて、試験点が著しく悪い場合の保険として存在しているわけですが、代返されてしまいますと真面目に出席している人たちに悪いわけです。

すると対策は一つ。出席票の裏側に講義内容に関する問題に対する答あるいはコメントを書いてもらう、という方法しかありませんね。こうすれば、数人分の出席票を持ち歩いて、提出するということができなくなります。まあ、できて自分ともう一人のぶんくらいしか提出できなくなるでしょう。

--------- * ---------

後期出席集計 [Wed Jan 24 08:25:48 2001]

9551327
9650706
9750608
9751052
9751535
9751552
9850204
9850242
9851638
9851640
9951047
9751140
9751911
9651535

以上の学籍番号の人たちは出席0となっています。

ほかの大学でもあったことなのですが、出席カードと実際の学籍番号が違っているという事例がありました。原因は、履修登録のときに、表示されているバーコードの番号と自分の学籍番号が一致しているかの確認を忘れていたことにあります。

ですので、出席カードを提出していても、ほかの人の出席としてカウントされているというわけです。

もし、上記の学籍番号の人たちのうち出席カードを提出している、というひとは早めに連絡してください。

--------- * ---------

下の書き込みはミスでした [Fri Nov 10 14:47:40 2000]

下の書き込みでは、11月30日を休講にする、と書いてありますが、11月30日は月曜日ではありません。10月30日のつもりで書いたミスでした(^^;。もし、10月30日に出席してしまった学生さんがいらしたとしたら、まことに申し訳なく思います。

--------- * ---------

11月30日を休講にします [Thu Oct 19 16:28:52 2000]

研究会出席の必要から、11月30日 月曜日を休講とします。この講義をとっている知りあいの人にできる限り広く連絡しておいてください。もちろん、事務室横の掲示板にも掲示されます。

--------- * ---------

前期出席集計 [Mon Jul 17 15:50:55 2000]

9650706
9750608
9751535
9850204
9850242
9851113
9851638
9951048

以上の学籍番号の人たちは出席0となっています。

ほかの大学でもあったことなのですが、出席カードと実際の学籍番号が違っているという事例がありました。原因は、履修登録のときに、表示されているバーコードの番号と自分の学籍番号が一致しているかの確認を忘れていたことにあります。

ですので、出席カードを提出していても、ほかの人の出席としてカウントされているというわけです。

もし、上記の学籍番号の人たちのうち出席カードを提出している、というひとは早めに連絡してください。

--------- * ---------

講義中に紹介したクレジット信用情報センター [Wed Jul 5 10:16:39 2000] 参考ページ

講義中に、就職前に一度確認しておくとよいと勧めたCIC (Credit Information Center)のホームページです。自分自身の個人信用情報の開示請求をしてみると情報化社会における個人情報のありさまがよく理解できると思います。

--------- * ---------

著作権法条文の一部 [Mon Jul 3 15:09:37 2000]

第42条の2(情報公開法等による開示のための利用)

行政機関の長又は地方公共団体の機関は、情報公開法又は情報公開条例の規定により著作物を公衆に提供し、又は提示することを目的とする場合には、情報公開法第十四条第一項(同項の規定に基づく政令の規定を含む。以下この条において同じ。)に規定する方法又は情報公開条例で定める方法(情報公開法第十四条第一項に規定する方法以外のものを除く。)により開示するために必要と認められる限度において、当該著作物を利用することができる。〔施行は2年内政令日〕

--------- * ---------

試験に関する確認事項 [Mon Jun 26 22:53:39 2000]

試験は4問中2問について回答するものになります。

「問1、問2」 から 1問、「問A、問B」から1問の計2問です。設問中の小問のすべてについて回答してください。

論述式です。記憶力を問うような問題はでません。持ち込みは「外部と連絡できるような通信機器やコンピュータを除いてなんでも可」です。常識的には、書き込みしたテキストと補足資料いくらか、というところでしょうか。

以下、4月に掲げた内容に関して再確認です。

;---------------------------------------------

1. 試験答案に就職活動、課外活動その他 講義内容に関係のない自分の特殊な事情について書き込み、成績評価に手心を加えるように求めた場合、D評価とします。

2. 個人的に就職活動や課外活動その他講義内容に関係のない自分の特殊な事情(ただし、事故・不幸等に関する連絡は除く)について私に個人的に連絡し、成績評価に手心を加えるように求めた場合、D評価とします。

3. 再試験、追試験は行いません。レポートを提出したのにもかかわらず「未提出」扱いの場合、また受験したにもかかわらず「試験放棄」の評価についてのみ救済を行います。基本的に成績に関する照会は事務を経由して行ってください。

4. 成績評価は、出席点と試験点をほぼ5:5の割合で評価します。機械的に成績のよい人から悪い人まで並べ、上から10-20%をA評価、30-40%をB評価、残りをC D評価の対象とします。C評価とD評価の境界は、次のようにして決めます。試験点が1桁の人をD評価とし、D評価の人から出席点で救済できる人をC評価として救済したのこりがD評価となります。

従って試験の点がよほど悪くない限り、出席点が0点というだけでは落第しません。

--------- * ---------

バーコードの貼付について [Sun May 21 08:47:00 2000]

バーコードの貼りつけに関して。「バーコード部分」がきちんと貼れていれば読み取り可能ですので、余白部分(枠より小さかったなど)は気にしなくて大丈夫です。

--------- * ---------

そろそろ出席をとりたいので [Tue May 2 21:38:19 2000]

表題どおり、連休が明けた頃最初の出席を取りたいので、出席票にバーコードを貼って準備しておいてもらいたいのですけど、いかがでしょう。

まだバーコードを入手していない人は、なんとか入手するか、サポートに連絡しておいてください。なお、バーコードは貼りつけておいてもらわないと受け取りませんので、当日私からバーコードを受け取る予定の人は、「のり」を準備しておいたほうがよいとおもいます。

登録の締め切りを5月末日としていたので、ゆっくり構えている学生さんがいるかもしれません。しかし、早めにこちらの要求している作業を行ってくれた学生さんには、なんらかのアドバンテージを差し上げてもよいかと思います。

--------- * ---------

エラー事例募集 [Sat Apr 29 08:50:15 2000]

こちらで把握していなかった問題として、Netscape系のブラウザから履修登録できないのではないか、という問いあわせが来ています。しかし、原理的に考えて、Netscapeだからバーコードを印刷できない理由が思い当たりません。印刷に失敗する理由は、プロキシにあるようにおもうのですが...

そこで、「こういう環境でこういう症状のエラーが起きた」「こういうエラーをこうして克服した」という事例を求めます。

自分が経験したエラーの内容と、その対処法、あるいは対処できなかったことについて、SCSC (support@orion.mt.tama.hosei.ac.jp)に報告してくれるようお願いします。

また、皆さんのなかにWeb運営に関するエキスパートがいらっしゃるなら、アドバイスもいただきたいとおもいます。

--------- * ---------

サポートセンター開設 [Mon Apr 24 12:35:22 2000]

とくにバーコード印刷時のトラブルを捌くためにサポートセンターを開設しました。講義の内容や講義に関する技術的な問題の質問は、以降、

support@orion.mt.tama.hosei.ac.jp

宛に送るようにしてください。今のところ私のところに転送されるようになっています。

--------- * ---------

エラー回避法(その1) [Thu Apr 20 15:29:19 2000]

次のようなエラー回避方法が報告されています。印刷に失敗する人は参考にしてください。

;---------------------------------------------------------------
> なんか登録作業で苦戦しているようですが、うまくいきましたか?登録の様子か
> ら見ると大学から登録しようとしているみたいですが、大学の端末ではうまくい
> かないのでしょうか?

登録自体は成功していたのですがプリントアウトが
キャッシュの関係でうまくいかなかったようです。
仕方なかったので一度ローカルディスクにページ保存して印刷しました。
Cacheサーバーの所為なのか大学のマシンが特殊なのか
僕の操作が悪いのかはわかりませんが…(汗)
;---------------------------------------------------------------

やっぱり大学の端末のキャッシュが悪さしているようです。君たちの登録を私が代行しているようでは何のための登録システムかわからなくなってしまいますので、できる限り自分自身で挑戦するか、印刷に成功したお友達にお願いして変わってもらってください。

--------- * ---------

印刷のエラーについて [Thu Apr 20 12:38:53 2000]

画面にバーコードを表示できるのに印刷できないという現象が生じているらしい連絡を頂いています。昨年の実験段階では報告されなかったエラーでして、こちらとしても対処法に苦慮しています。

どうしてもバーコードの印刷ができなかった人は、shirata1992@mercury.ne.jp宛に氏名、学籍番号を明記してその旨E-mailしてください。

うーん、どんなシステムでも実用段階では予想外のエラーが起きるものですね。

--------- * ---------

ごめん! テキストの正確な値段 [Mon Apr 17 12:20:29 2000]

「ガイダンスのときに1000円で売ります」とか言ってましたが、昨年よりも印刷部数が減ったことが響いて1200円になっちゃいました。ごめんなさい。

というわけで、1000円札と200円を持ってきてください。

--------- * ---------

入力ミス等について [Sat Apr 15 00:56:31 2000]

履修登録時に操作を誤ってうまくいかなかった場合、何度やり直してもらっても構いませんので、気にせず挑戦してみてください。

なお、同時にたくさんの人が登録作業をしますと、バーコードが表示されないなどのエラーを起こしますので、他の人が作業していなさそうな頃合いを見計らって再度登録してみてください。深夜、早朝が狙いどころです。

--------- * ---------

成績評価に関する補足 [Sat Mar 25 14:11:29 2000]

シラバスに掲載されている事項、とくに成績評価に関する補足です。

1. 試験答案に就職活動、課外活動その他 講義内容に関係のない自分の特殊な事情について書き込み、成績評価に手心を加えるように求めた場合、D評価とします。

2. 個人的に就職活動や課外活動その他講義内容に関係のない自分の特殊な事情(ただし、事故・不幸等に関する連絡は除く)について私に個人的に連絡し、成績評価に手心を加えるように求めた場合、D評価とします。

3. 再試験、追試験は行いません。レポートを提出したのにもかかわらず「未提出」扱いの場合、また受験したにもかかわらず「試験放棄」の評価についてのみ救済を行います。基本的に成績に関する照会は事務を経由して行ってください。

4. 成績評価は、出席点と試験点をほぼ5:5の割合で評価します。機械的に成績のよい人から悪い人まで並べ、上から10-20%をA評価、30-40%をB評価、残りをC D評価の対象とします。C評価とD評価の境界は、次のようにして決めます。試験点が1桁の人をD評価とし、D評価の人から出席点で救済できる人をC評価として救済したのこりがD評価となります。

従って試験の点がよほど悪くない限り、出席点が0点というだけでは落第しません。

--------- * ---------

連絡掲示板リニューアル [Tue Jan 25 11:28:21 2000]

これまで新規書き込みがどんどん下の方に下がっていたのですが、これからは新規書き込みが先頭に来るようになりました。これで新しい連絡事項を見るためにスクロールさせる必要がなくなりました。

--------- * ---------

to Shirata's Class to Hideaki's Home